topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHIM@S21 第五章 後編 up - 2009.06.11 Thu



 第五章、完結です。
 鉄血の二年とか、あの辺のバックストーリーなどは、完全に創作でした。原作ではただの弱小国家の無能っぽい元首であるパーシーも大幅に変わってしまいました。
 まぁ、原作の元首は個性ほとんど無いからなぁw

 今回の反省は、ちょっと後編に詰め込みすぎたかなぁ、という事です。気が付いたら二〇分越えてきて、仕方なく次回にまわした部分もあります。
 次回は五章の補完も兼ねた、インターミッションになると思います。
スポンサーサイト

● COMMENT ●

No title

本動画において、
りっちゃんが俺の嫁に入っていなかったという不具合を
発見致しました。

No title

はじめまして。
シリーズ開始初期からファンでございます。
でも今日までブログに気付かないフシ穴野郎ですw

最新話実に面白うございました。
正直泣きますたですハイ。
脇役の立たせ方が実に巧みだなと毎回感心しております。

離し変わって是非尋ねてみたい事がひとつあります。
自分は元のゲームをSHもシュバルツも知らないのですが、
当シリーズは、どの程度まで原作が反映されているのでしょうか?
いつもいつもテキストのレベルの高さに惚れ惚れしておりまして、
その辺りの事をお聞きしてみたかったのです。

Re: No title

>da氏
 何という不具合。即刻修正するべし。
 ただし、りっちゃんは俺の嫁。

>tenten氏
 感想、ありがとうございます。
 皆さんの応援とコメントで、私のモチベーションは維持されております。

 原作反映についてですが、HOMEWORLD2については、戦闘シーンと一部ムービーを使っているだけで、テキスト類には関係ありません。
 シュヴァルツシルトVについては、帝国とレプシトールとブルーインヴァルドの関係の設定を引き継いでいます。

 テキストで言うと・・・・ルーケ・ワズワースが出てくる辺りまでは、原作のテキストを少し変えたくらいの部分が多いです。あそこまでで、完全自作の部分は、プロローグの回と、インターミッションの回、閣下とケネスのやりとり、閣下と宰相のやりとりの後の47軍司令官の感想部分、後は閣下の演説くらいでしょうか。

 インターミッションの回が自作なので、ブルーインヴァルド各国の設定もほとんど自作の部分が多いです。と言うより、原作のほうで大した設定やイベントがないので、そうせざるを得ないのですが。(と言うか、そうできるから題材に選んだという事もあったり)
 ですので、ベイスンやラヴィーンでの話や、シュヴァキャラ達もほとんど自作の性格です。ケネスと道化とアリスン、ギャラガー等以外のキャラクターは、原作でほとんど一言くらいしか台詞が無いので。
 原作に大したイベントがないので、今後もほとんどオリジナル展開になります。

 まぁ、初めの方は原作踏襲ということですね。ラストの方でもイベントは多少増えていくのですが、まぁまったく違う展開にしていくつもりです。これからもよろしく。 

No title

パーシーがカッコよすぎたので、5章前編の動画の市場に商品を追加しておきました。がんばれパーシーがんばれ。

後、後編の律っちゃんの立ち絵の詳細を…。

No title

ご丁寧にありがとうございます。
ほぼオリジナル展開と言う事で、
更に尊敬の念を深めるばかりです。

今後が非常に楽しみです。
応援させていただきますね。

No title

恥ずかしながら昨日貴作の存在を知り、
そのあまりの秀逸さに、気づいたらぶっ通しで観ていました。
涙腺緩みっぱなしです。

自分が田中芳樹ファンであることもあり、SFバックに、
個性の強い人物、皮肉のこもった言葉の応酬やら妙に格好良いオッサン
なんてのを見ると狂喜してしまいます。
アイマスキャラの方もきちんと性格がカバーされていて
違和感を覚えず最高です。

これからも大いに楽しませてください。
大事なことを言い忘れましたが、アリスンは俺の嫁です。

No title

>natty
 身内には電話するわw

>tenten氏
 はい、応援ありがとうございます^^

>7氏
 ぶっ通しで視るには、そろそろキツイ分量だったと思います。お疲れ様ですw
 そして、何という私。皮肉っぽい言葉の応酬、かっこいいおっさん。私の書きたい物ですそれ(ぉ
 これからもガンバリマス。

 アリスン、かわいいよ、アリスン
 ・・・・・でも、原作でもはっきりと女性だとわかるような記述はなかったりするんですよねぇ(w

訂正

>テキストで言うと・・・・ルーケ・ワズワースが出てくる辺りまでは、原作のテキストを少し変えたくらいの部分が多いです。あそこまでで、完全自作の部分は、プロローグの回と、インターミッションの回、閣下とケネスのやりとり、閣下と宰相のやりとりの後の47軍司令官の感想部分、後は閣下の演説くらいでしょうか。

閣下の演説は、よく考えたら、原作主人公であるネイハムの言葉でした。扇動演説という形にアレンジはしましたが、しゃべっている事は原作と変わりません。失礼しました。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shimashw.blog54.fc2.com/tb.php/15-528f02b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SHIM@S22 インターミッション3 up «  | BLOG TOP |  » SHIM@S20 第五章ミッション編 up

プロフィール

(・A・)P

Author:(・A・)P
ニコニコ動画にてアイマス架空戦記を制作しています。
S H IDOLM@STER よろしく。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
このブログについて (1)
雑談 (16)
SHIM@S (101)
小説 (2)
ニコニコ動画 (8)
ゲーム (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。